肥満の原因のひとつデブ菌とその影響

肥満の原因として腸内に住む「デブ菌」なるものが影響しているのではないかという説があります。
これは米東部ロードアイランド州にある病院からの報告から浮上した説です。

腸内の細菌バランスを崩し大腸炎を起こす感染症があります。
これを治療するための方法として「糞便移植」があります。
これは患者の腸内環境を健全な状態に戻すために、健康な人から抽出した糞便抽出物を患者の腸内に注入するというものです。
この治療をうけたのは32歳の女性です。
治療前の体重は62kgでした。
そして肥満体型の16歳の娘から糞便移植がおこなわれ、感染症を治療することはできたのですが、なぜかこの患者はどんどん太っていきました。
糞便移植から16か月後には体重が15.4kgも増え、食事制限と運動療法をとりいれて痩せようとしたにもかかわらず効果はなく、移植3年後には体重は80kg以上になってそのまま定着してしまいました。
デブ菌とは消化されたものを溜め込み、体内に吸収させてしまう細菌です。
この菌のために通常なら排出されるべきものまで吸収させてしまい、その影響で太りやすい体質になってしまうのです。
この菌は他人であれば感染することはありません。
ところが肉親同士であればこの母娘のように感染してしまうことがあります。

またデブ菌があるくらいですから、逆のヤセ菌というものも存在することが確認されています。
そして両者の割合は変化することがあります。
これまでデブ菌が多くなかった人でも、食生活が乱れるとデブ菌で腸内を支配されることもあります。
デブ菌を減少させるには納豆、野菜、ヨーグルトが効果的です。

食事は食べ過ぎないように気をつけている、運動もしている、でもなぜか肥満体質。
そうであるならデブ菌の影響かもしれません。
食事に納豆、野菜、ヨーグルトを取りいれてみましょう。

ページ上部へ戻る