肥満と生活習慣病の深い関係性

中高年ともなると、気になってくるのが生活習慣病です。
若い頃はいくら食べても太らないと思っていたのに、中年の年齢に入ったら、食べた分だけ脂肪になって肥満になっていたということもあります。
加齢は肌が衰えるだけではありません。
体内でも老化現象は進んでいます。
骨量も減りますし、筋肉量もどんどん減ります。

筋肉が減ると痩せにくくなってきます。
体の内側で支える力が減ってくると、これに肥満が加わり、関節や骨にも大きな負担となります。
生活習慣病と肥満の関係は、切っても切れない密接な間柄です。
肥満との関係において、脂質異常症や高血圧、糖尿病は、穏やかではない生活習慣病で、中高年にとって関心の的となっているものです。
肥満はかならに良くないというのは、なんとなくわかっていても、具体的にどう作用しているのかまではわからない人が多いです。

この関係性は生活習慣病をさらに悪化させる可能性を秘めています。
肥満は対策をしないと、血管を傷つけてしまいますし、繊細な血管をもろくすることにもなります。
これを放っておくと、動脈硬化につながります。
そこから脳卒中になったり、心筋梗塞を引き起こすなど、大きな病気になる要因になるのです。
メタボリックシンドロームという言葉は定着していますし、メタボは年々増えています。

メタボは脂質異常症や高血圧、糖尿病が重複し、発症します。
の本陣の場合は、少し体重が増えて太るだけでも、生活習慣病になりやすい体質です。
インスリン分泌能力は外人並みではないので、海外の酷い肥満体は日本人にはあまりいません。
それでも少し太っただけでも、生活習慣病にはなりやすいのです。
そのため、安心しないで、肥満には気をつけなければなりません。

ピックアップ記事
  1. 肥満治療には、食事療法、運動療法、薬物療法、外科療法などがあります。このうち、生活習慣に密接に関わ…
  2. 中高年ともなると、気になってくるのが生活習慣病です。若い頃はいくら食べても太らないと思っていたのに…
  3. 太っていると見た目が悪いというだけでなく、健康にも悪い影響を与えてしまいます。肥満が原因で起こる…
おすすめ記事
  1. 肥満が原因で起こる病気
  2. 無理なダイエットは命に関わる
  3. 痩せやすい体と、太りやすい体
ページ上部へ戻る